☆横浜市都筑区の行政書士・渡邊孝仁です☆ 自分を支えてくれる全ての人、ものに感謝を!


by watanabe-tubasa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

増えてますね

どーも、横浜市都筑区の行政書士、渡邊孝仁です。


以前よりトラブルとなるケースがなかったわけではありませんが、


最近、また不動産トラブルが増えてきていますね!!


今日のヤフーニュースでも取り上げられていましたが、


建物賃貸借契約の解約の際、必ず出てくるのが「敷金」の問題です。



敷金が返還され、思っていたより返還された額が少なかったなんて経験はありませんか!?


また、清算に当たって提示された明細に、記載が曖昧な項目があったりしたことはありませんか!?



もちろん、


物を落として床を深くキズ付けてしまった場合や、極端に部屋を汚してしまった場合には、


補修費等を負担しなければならない場合もありますが、


ケースによっては、必ずしも、そうでない場合もあります。



建物賃貸借契約の敷金等に関しては、国土交通省がガイドラインを出したりしていますが、


そもそも契約自体の内容がどのようになっているか、


明細に記載されているものは、本当に借主側が負担しなければならないものなのか等を、


一から調べていくのは、細かく、結構手間が掛かったりします。



つばさ行政書士事務所では、こういった賃貸借契約解約時の不動産トラブルの場合、


適法な清算と敷金の返還を求めるサポートは、もちろんのこと、


その他、詳細な清算方法等の説明を求めることや、


トラブル予防についても、ご相談をお受けしておりますので、


何かお困りのことがございましたら、いつでもご連絡ください。

 ↓↓↓

 Mail watanabe@tubasa-gyousei-office.com

 Tel  045-508-9676 (AM9:00~PM7:00)


なお、敷金トラブルに限らず、更新料等に関すること、


分譲マンションの購入時のトラブル等につきましても、


ご依頼を頂き、解決までサポートさせて頂いている実績もあります。


どんな些細なことでも結構ですので、ご遠慮なくご相談くださいね。
[PR]
by watanabe-tubasa | 2011-01-31 20:24 | 日記